飯塚 任意整理 無料相談

飯塚で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

飯塚で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

飯塚で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、飯塚近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

飯塚で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

飯塚で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

増えすぎた利息の重荷からは解放されますが、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどの問題もあります。

そして、誰もが気になるのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

調べてみると、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、借りることは不可能ではありません。

増えすぎた借金は、債務整理をすれば、その負担を軽くすることができます。

けれども、金融事故として信用情報機関にこの情報が残されます。

つまり、ブラックリストに名前が載っていることになるので、金融機関の審査が通らなくなってしまうでしょう。

少なくとも5年は経たないとブラックリストから外れないため、忘れないでください。

車を所有したまま債務整理をしたいのなら、車のローンは継続して払い続けて、任意整理などを行えば、車は手放さずに済む可能性があります。

ですが、債務整理後も車の所有が続けられるかどうかは、債務者が日常生活を送る上で、車の有無がどれだけ影響を与えるかで違います。

車の所有が趣味の範囲に収まるというケースでは、車を手放すよう求められるかもしれませんから、専門家に状況を説明し、車を手放せない理由について説得できるようにしておきましょう。


一口に債務整理といっても3通りあり、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、それと自己破産とがあります。

中でも個人再生と任意整理では、本人に収入がなければ選択することはできません。

というのは、それらは膨らんだ借金の減額が目的ですから、借金自体がなくなるわけではありません。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、収入が求められるのは当然でしょう。

いかなる債務整理の場合も手続きに着手した時点から債権者である金融機関からの連絡や督促などは止みます。

とは言うものの、裁判所を通す個人再生や自己破産の場合は対象が全債権者となりますが、任意整理についてはその限りではなく、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

よって手続き対象でない借入先からの連絡、督促、取立てなどの行為は今までどおり行われます。

どのような債務整理であれ手続きすれば、個人信用情報に何年間は保持されます。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

つまり、銀行、信販会社、貸金業者などに就労を希望する際です。

債務整理をしたという記録が残っていれば、それだけが原因ではないにしろ、採用を見送るケースもあります。

いずれにせよ、運を天に任せるほかないでしょう。


借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理はできます。

しかし、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済義務は存続する方法のみとなります。

あらゆる債務を清算できる自己破産であってもギャンブルが元の借金は免責不許可事由に定められているので、破産の申立を裁判所に行ったとしても免責のハードルは極めて高いでしょう。

負っている全ての債務の返済義務から逃れることができるのが自己破産なのですが、申請したとしても免責がなされないことが起こり得ます。

お金を良からぬことに使っていた場合です。

例を挙げると、ギャンブルとか投資に溶かしていた場合や、べらぼうな金額の買い物を何度も行っていたりすればまさにそうです。

こうした理由で免責が受けられなかったならば、他の方法で債務整理を検討しましょう。

借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を整理できる手だてが債務整理ですが、唯一整理できないのが各種税金です。

破産法は自己破産についての規則ですが、そこにも租税請求権は免責されない旨が明記されています。

国民の三大義務ともなっている納税義務は困窮し、自己破産した人であろうと解放はされません。

けれども、訳を話して役所で相談の上で分納を検討してもらう事はできます。

トップへ戻る