水戸 任意整理 無料相談

水戸で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

水戸で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

水戸で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、水戸近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

水戸で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

水戸で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

債務整理を行う場合、どれくらいの借金があるのが妥当なのかというのも、簡単には答えられない問題です。

借金の総額が数十万円といった場合は、他の業者などで融資を受け、返済することもできるでしょう。

しかし、借金を重ねているという点から見ると多重債務者であり、融資してくれる業者は簡単には見つからないかもしれません。

返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、実際に債務整理しなければならない状態なのかを客観的に見てもらうのが良いでしょう。

いま子供がいて債務整理をするのなら、気になるのは養育に必要なお金への影響です。

例えば、教育ローンの審査をパスできるのでしょうか。

教育ローンには金融機関のサービスと、いわゆる「国の教育ローン」と呼ばれる日本公庫が提供しているものの二つがあります。

どの金融機関も信用情報機関に登録される情報から審査するので、債務整理を行った場合は教育ローンの審査をパスすることができなくなります。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、一定期間、金融機関の提供するサービスに申し込んだり、利用することに制限がかかります。

なぜなら、債務整理をしたことはブラックリストに名前が載ってしまいますから、数年間はクレジットカードで買い物をしたり、大手の金融機関から融資を受けたり、ローンを組むといった行動はできなくなります。


誰にでもあることではありませんが、財産を相続する場合、資産の洗い出しもせず単純承認で相続した結果、遺産より借金のほうが多いと、気づいたときには借金を背負っていたなんてことになってしまいます。

しかし、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

本人が無収入の時は別として、普通は任意整理を行うのですが、裁判所は通さずに、弁護士や司法書士を介して債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

こういった厄介な状態にならないためにも、相続時は負の部分も考慮しなければいけません。

債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

けれども過払いの部分が債務を上回るときは、本来は返金請求できるはずですが、特定調停では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、借金が帳消しになるだけです。

計算して、過払い金がそれなりにあると解っているのだったら特定調停などは効果が薄いので、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

債務整理を依頼する上で必要なお金というと、最初に必要になるのが着手金で、すべての手続きが終わったあとの成功報酬、交通費や印紙代などの実費が挙げられます。

任意整理を行った際は減額できた額に応じた成功報酬が必要で、最初に成功報酬が決まっている個人再生とは異なります。

それから自己破産を行ったときは、免責の決定が下されるとあらかじめ定めておいた成功報酬を支払います。


かつては出資法に則って、利息制限法を凌ぐ利率での貸付が頻繁に見られました。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現代では利息が利息制限法の上限よりも高い場合、不法ということになります。

よって、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。

大方、債務整理をするにはブラックリスト入りが付き物という通説があるようですが、ただ一つ債務整理でもブラックにならない方法として過払い金請求があります。

実際には払わなくても済んだ利息を取り戻しただけのことなので、それが完済につながったとすれば事故にはならないでしょうという話です。

そうは言っても、過払い金があって金利を引き直しても変わらずに残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。

債務整理の手段全てと同じで、過払い金返還請求も自分で手続きが可能です。

この時、第一に取引履歴の開示を請求するのですが、その際、ゼロ和解を持ちかけられる可能性があります。

ゼロ和解とは、残債をゼロにする事をもってこの話を終わらせようという申し出です。

聞き入れる場合、取引履歴の開示前では過払い分がいくらあるのか知るチャンスを逃します。

無考えにゼロ和解を受け入れるのは損が出てくることも考えられます。

トップへ戻る