三次 任意整理 無料相談

三次で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

三次で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

三次で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、三次近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

三次で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

三次で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

人には話したくないこともあると思いますが、自己破産する時には、すべてを正直に弁護士に申告しましょう。

債務整理の手続きが上手くいかなくなるかもしれません。

自己破産というものは、そもそも、今のままでは債務を支払い続ける能力がないということが法的に認められるということです。

ここがきちんと証明されていなければ、債務整理も自己破産もできないうえ、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、きちんと伝えるようにしましょう。

債務整理を行う場合、どれくらいの借金があるのが妥当なのかというのも、答えにくい問題です。

ただ、数十万円の借金の場合、違う業者などからお金を借り入れて、もともとの借金分を返すこともできます。

けれども、借金を借金で返そうとしている時点で、お金の工面には相当苦労すると思います。

何にせよ、早々に弁護士事務所を訪ねて、債務整理を行うべきなのか、客観的に判断してもらうのが最善の方法だと思います。

債務整理をすると、借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといったデメリットがあることを忘れてはいけません。

さて、ここで知りたいのはアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。

実際に調べてみると、どうやら、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。

選べる物件の数が減るとはいえ、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。


個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、免責される自己破産とは訳が違い、返済すべき債務が残っています。

もし、この返済が滞ると、和解や再生計画でホッとしたのもつかの間、遅延した期間に応じた延滞利息も含め、債務全額を一括返済するよう求められるはずです。

再生契約や和解の取り決めは守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。

債務について利息制限法に基づいて過払い金を計算しなおし、残債と相殺する債務整理のことを特定調停と言います。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときは特定調停の場では返金請求できず、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。

もし過払い金が戻ってくる可能性が高いというのであれば、特定調停は避け、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

遅延損害金はもちろん、借金についてくる金利も、弁護士や司法書士が債務整理の依頼を受け、債務整理開始通知を債権者あてに送付し、債権者にそれが届いた日を境に新たに発生することはありません。

ただ、払えなくなってからこの手続きまでにかかった時間の間に遅延損害金がかさんでいるケースも少なくありません。

任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働きかけ、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。


大方、債務整理をするにはブラックリスト入りが付き物と思われる方が多いですが、過払い金請求なら、唯一ブラックにならずに債務整理が可能です。

払い過ぎになっていた分の利息を返してもらうだけですから、それで完済という結果になったなら事故にはならないでしょうという話です。

ですが、過払い金があって金利を引き直しても変わらずに残債があれば、ブラック入りしてしまいます。

たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者自身が必ず債務者と面談を個別に行うこととして、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が打ち立てています。

メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、面と向かって面談することをせず請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務への違反となります。

あらゆる債務整理の手段と等しく、過払い金請求の手続きも個人で可能です。

この時、第一に取引履歴の開示を請求するのですが、場合によってはその際ゼロ和解を打診される事があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえばいくらの過払い金が発生しているか不明に終わってしまいます。

よく考えずにゼロ和解してしまうと損失を生むことにつながりかねません。

トップへ戻る