本巣 任意整理 無料相談

本巣で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

本巣で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

本巣で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、本巣近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

本巣で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

本巣で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

借金の整理のために債務整理をした場合、今後の借入ができるかどうかは、重要な問題です。

債務整理者が借入やローンの申請を制限される法律はありませんから、借入できる可能性はあります。

とはいえ、銀行のローンや多くの消費者金融からお金を借りることはできないと思ってください。

とはいえ、あまり大きくない消費者金融などでは、場合によってはキャッシングが可能なこともあるので、諦めることはありません。

増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。

この最中に何らかの事情で金銭的な余裕が出たのであれば、繰り上げ返済をして今後の返済の負担を減らしたり、一度にすべて払い終えることができます。

この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、自分で行動するより、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が話を通しやすいです。

債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

例えば、任意整理ですと、債権者の数ごとに基本料金が設定されていて、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。

基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なく固定のケースが多いため、借金の減額がたいした金額でない相手にも手続きを取ってしまうと、弁護士などに支払う報酬が、減額した借金より多いという状態になりかねません。


借入先から送られてくる請求書や督促状などの封筒が、別会社に気がついたら変わっていて驚いたという声は意外と多いものです。

つまり、サービサーなどに債権を譲渡したものと考えて良いでしょう。

債権譲渡の連絡も送付されているはずです。

こうした時でも債務整理の手続きをすることは出来るわけですけれども、話し合いをする対象が旧債権者から新しい債権者(譲受人)に変わるため、以前と全く同じ交渉ができるとは限りません。

それでも受任通知書を債権者に送った時点で、その回収業者等からの連絡、催促といった行為は即時停止します。

債権者が変わったからといって諦めないでください。

返済すべき日に入金がないと、債権者から翌日に確認があります。

次の支払い予定日を聞かれるのでそこで約束すれば、とりあえずはその日まで待ってくれるものの、期日を過ぎても入金がないと債務の返済を求める連絡がまた来るでしょうし、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。

どうあがいても返済の目処がたたない場合は、いったん債務整理をして身辺の立て直しを計るのが有効です。

一般人と同様、司法書士や弁護士も経験がなければ債務整理はできません。

ときにはほとんど債務経験のない敏腕弁護士(刑事事件専門)などもいるので、やみくもに依頼するのではなく、きちんとした結果が期待できる弁護士を探して依頼しなければ良い結果は出ません。

最近では債務整理に特化した法律事務所なども多く見られますし、「専門家に頼んだのに上手くいかなかった」というのはもはや昔の話になりました。


弁護士か司法書士かを問わず、債務整理依頼を担当する場合は前もって絶対に担当者その人が債務者と面談を個別に行うこととして、債務整理事件処理上の規律を取り決めた規定を日弁連が発表しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、対面での面談なしに弁護士か司法書士が依頼を受けた場合は、日弁連規定の面談義務を果たしていない事になります。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚することになったら、生活費に充てるためなどその借金が婚姻生活から生まれたものだと財産分与対象に含まれます。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、マイナスの資産も同様なのです。

ですが、夫婦の片方が婚姻前から抱えていた借金だったり、婚姻期間の借金であってもギャンブルなどが元の個人的なものならば財産分与の対象外です。

もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、交渉が債権者に拒否されることも考えられます。

任意整理は間に司法が入ることなく当事者同士の交渉により合意された返済額や期間に基づいて返済をしていく方法です。

関与する司法がないという事は、債権者は法的に交渉の席に着く義務は無いという事と同等です。

よって、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、極めて債権者に都合の悪い状況であれば折り合いがつかない事もあるでしょう。

トップへ戻る