那覇 任意整理 無料相談

那覇で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

那覇で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

那覇で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、那覇近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

那覇で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

那覇で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

使いこなせば役に立つクレジットカードですが、高額の買い物が増えると毎月の返済が困難になります。

こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、借金の元本やその利息を減額し、毎月の返済額を適正な範囲にして完済を目指せます。

でも、実際に債務整理をするとクレジットカードは使えませんし、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。

弁護士に債務整理をお願いする際に、委任状が必要不可欠になります。

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として使うものです。

依頼者が弁護士と委任契約を交わした後には、担当する弁護士が、受任通知を各業者に送付し、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。

委任契約が結ばれると、弁護士は、債務者の権限を受けた代理人となって、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。

かかる料金や実績をチェックしてから、債務整理を依頼する弁護士を決めるのがおススメです。

また、費用については、手付金自体の価格は低料金だとしても、成功報酬の割合が他の弁護士事務所より高くなることもあります。

ネットの評判などを参考にして事務所を選ぶと良いでしょう。

その後、実際に状況を相談し、信頼感が持てれば、債務整理をお願いしてください。


債務の返済が困難だから債務整理に踏み切ったのに、支払い総額が却って増えたという恐ろしい話も耳にします。

おそらく、儲け第一主義の法務事務所や法律事務所にひっかかったケースです。

130万円の債務が任意整理で100万円弱に減額された際、50万もの依頼料をとるというのは、おかしな話です。

おかしな業者に狙われないためにも、あらかじめ料金面はしっかり教えてもらい、金額表示が明朗なところに依頼すべきです。

借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは借金の棒引きもあるのが債務整理です。

けれども、その性質上、自己破産は言うに及ばず、個人再生を行った際にも官報の裁判所欄(破産、免責、再生関係)に名前や住所が掲載されてしまいます。

毎日目にするものではありませんが、官報は明治以降ずっと残っていますし、上書きも削除もできません。

それに、最近ではインターネットでも手軽に閲覧できてしまいます。

債務整理の履歴というのは必ず残りますし、もしどうしてもやらなければいけないにしても、よく考えることが大事です。

支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、依頼を受けた法律事務所などからこの債務整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日から生じなくなります。

ただ、払えなくなってからその時点までの遅延損害金がかなり膨らんでいる場合もあります。

任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットも求めていきます。


もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、交渉を債権者が拒否することもあります。

任意整理というのは司法による働きかけなしに債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。

関与する司法がないという事は、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

つまり、もし返済を一度もしたことがなかったり、著しく債権者に不利益となっている場合はお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。

自己破産は借金全てを水に流せると言っても、実は支払義務が残るものもあります。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、その中で非免責事項に定められているものは引き続き支払う義務があります。

例を挙げると各種税金、養育費、罰金などです。

なお、似たような扱いがされそうに思えますが、養育費は免責されないのに対し、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

弁護士や司法書士が債務整理の請け負ってくれたらいいなと考えているけれど、料金を支払う事が無理そうだという場合は例えば法テラスの相談対応を受けてみるのはどうでしょうか。

法テラスというのは法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関です。

料金不要で借金に関して相談を受けていたり、困窮している人には民事法律扶助制度に基づいて、弁護士ないし司法書士への依頼と報酬にかかる費用を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。

トップへ戻る