新座 任意整理 無料相談

新座で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

新座で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

新座で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、新座近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

新座で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

新座で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、複数の借金をおまとめローンで一本化できないか確認してみてください。

借金の総額は変わりませんが、まとまった一つの高額借入になりますから、利子を減らすことも可能でしょう。

借入先がひとつになったことで、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

債権者の数が多すぎると、おまとめローンも組めないこともありますが、その時に債務整理を行うのも遅すぎることはありません。

債務整理の中でも特に、個人再生、あるいは任意整理というものは、債権者の同意が必須です。

任意整理のケースでは、借金を整理する対象を選び、それぞれの債権者と交渉を進めていくことになりますが、強制力はありませんから、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

また、個人再生の場合、複数の債務が対象になります。

けれども、過半数の債権者が反対にまわった場合、個人再生は不許可となります。

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、債務整理に対して消極的になってしまう方がいます。

けれど、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚することは、ほぼありえません。

もし、任意整理をしたのなら、まず大丈夫だといえます。

自己破産や個人再生を行ったケースでも、担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、会社にまで通告が送られてくるような可能性は低くなります。

むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。


本来、債務は自分で返済すべきですが、どうにも返済の見込みが立たないときには、任意整理、個人再生などといった債務整理を検討する価値はあるでしょう。

その債務整理ですが、行うタイミングというのは、転職などで収入が減り、月々の返済が手取りの30%以上にかさんでしまった時が区切りのように考えられています。

任意整理で弁護士等を訪れるのはこのタイミングがもっとも多く、対処法も考えやすい時期であると言えます。

積立タイプの生命保険に入っているときは、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

具体的にいうと自己破産の場合は、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

そして個人再生を行う場合は、原則として解約する必要はないものの、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、返済額に影響することもありません。

任意整理や裁判所を通す自己破産や個人再生などは、自ら手続きすることも可能です。

しかし、おすすめはしません。

たとえば任意整理を行う際も交渉に来たのが債務者本人では門前払いを食らうのが関の山で、裁判所を介する個人再生でも、申立書はもちろん再生計画案などの書類作成から計算までを一人でやるわけです。

手続きの点では個人再生より自己破産のほうがもっと大変でしょう。

結局、債務整理をしたいと思ったら実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。


事故情報が信用情報機関に登録されること、すなわちブラックリスト入りと、自己破産、または、個人再生ならば官報上に個人情報が載ることが債務整理から受ける悪影響の一つでしょう。

ですが、一定期間が過ぎれば事故情報の記録は消えますし、官報に普段から目を通している人は非常に限定的でしょう。

それと、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる恐れがあります。

借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、保証人も債務整理の影響範囲に入ります。

債務整理を行った方法によってその影響は変わり、まず任意整理や特定調停においては必要書類の記入をしてもらわなければなりませんが、請求先が保証人になる事はありません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、保証人に直接請求をすることが債権者に認められるので、全ての借金返済をその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。

法律の専門家である弁護士と司法書士はどちらも債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者が自分自身で必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が掲げています。

メールや電話で事前相談をする事もできますが、実際に会って面談することなく引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、日弁連規定の面談義務を果たしていない事になります。

トップへ戻る