相模原 任意整理 無料相談

相模原で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

相模原で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

相模原で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、相模原近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

相模原で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

相模原で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理をしたらJICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

具体的にはブラックとして扱われるため、時間を置かないと、銀行や金融機関のローンやサービスを使うことが容易ではなくなります。

なお、債務整理を行った場合、情報が信用情報機関から消えるまで5年と言われています。

任意整理で借金を清算したケースでは、弁護士などが和解契約を行い、債務額を減らした状態で月々の支払いを続けます。

返済中に金銭的余裕が生まれたら、繰り上げ返済で返済期間を短くしたり、一括ですべて払い終えることもOKです。

この場合、任意整理を依頼した弁護士などがいれば、債権者への連絡は、担当の弁護士などから行ってもらう方が良いと思います。

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

よく言われるのが、ブラックになってしまうという点でしょう。

これによって、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

この期間についてですが、どの債務整理の方法を選んだかでブラック解除までの時間が最短でも5年間から10年間と違うことに留意しておきましょう。


普通、債務整理を引き受けてもらう際は、最初に司法書士や弁護士などに依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

着手した処理が終了すれば成功報酬が必要になりますし、費用面ではこのほか、所轄の裁判所ならびに債権者のもとに行くための交通費や、申立書等を裁判所に提出する際の印紙の代金(金額や件数で異なる)等も忘れてはならないでしょう。

ただこれらは普通、実費請求ですし、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、自己破産のような完全な免責とは違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

その返済をおろそかにすると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、その間に発生した遅延賠償も合わせ、債務全額を一括返済するよう迫られるでしょう。

和解というのは約束ですから、守らないと、悔やんでも悔やみきれない事態になってしまいます。

債務整理を行う際は、和解にしても裁判所の決定にしても、手続きに時間がかかることはやむを得ません。

これから任意整理をすると仮定しても、司法書士や弁護士などに相談して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、状況次第で数ヶ月以上かかることも珍しくありません。

こうした処理を行っている最中は、債権者は督促や連絡はしてこないのですが、差押えなどを求めた訴訟を起こす貸金業者などもいるようです。


債務整理を任意整理で行おうという人は、返済時に延滞金や将来利息のカットを受ける事ができます。

しかしながら、元金の減額も希望する時は、極めて難関です。

交渉力の優れた弁護士や司法書士が担当についていれば減額の可能性もなくはないものの、仮に元金の減額をOKすると債権者に損失となることは自明なので、普通は首を縦には振らないでしょう。

任意整理によって債務整理をする時は、債権者が交渉に応じないというケースもありえます。

司法が介在しない任意整理では、債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。

間に司法が入らないという事は、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

つまり、全く返済をしていなかったり、極めて債権者に都合の悪い状況であればお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。

手続きを自分で済ませようと思えばどの債務整理でもできなくはないものの、とても込み入ったやり方になっています。

さらに、任意整理だと債権者とダイレクトに交渉をしなければなりませんから、こちらの知識が乏しいとわかれば交渉に苦戦することになるかもしれません。

コストはかかるものの、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が手続きをさくさく進めたいのなら最もいい方法です。

コストに関しては法テラスで相談に乗ってもらえます。

トップへ戻る