札幌 任意整理 無料相談

札幌で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

札幌で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

札幌で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、札幌近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

札幌で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

札幌で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、まだ手元にない売掛金が残っていたら、資産扱いとして処理されます。

もし、1000万円の借金があるといったケースなら、個人再生で債務を整理した結果、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

けれども、100万円の売掛金が残されているとして、5分の1は債務に上乗せされるため、結果的に220万円の債務が残ることになります。

全ての借金を処分する自己破産などと異なり、任意整理では借金をしている債権者の一部を債務整理の対象にすることができます。

ですので、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、携帯電話が債務整理で処分される可能性はありません。

ちなみに、新規契約、機種変更ともに可能ですが、分割で支払うことは難しくなるため、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

けれど、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、そもそも契約自体ができないでしょう。

可能であれば、弁護士に債務整理の相談をしましょう。

もちろん、司法書士でも債務整理は可能ですが、債務額が1社あたり140万円以上の場合は担当できないという決まりがあります。

ですが、弁護士なら債務額がいくらであろうと依頼を請け負ってくれますし、裁判では有利に働く可能性があります。

しつこい取り立てを受けている場合、弁護士に依頼すれば、債務整理手続きを始めたその日に取り立てをやめさせることも期待できます。


債務整理の種類によらず、司法書士や弁護士に頼むとすぐに作業に着手するものです。

作業はどんどん進み、債務者本人がもしやめたいと言っても、受任通知を送ったあとでは取り消すというのはとてもむずかしいです。

まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは取り下げることはできませんので注意してください。

このようなことにならないために、債務整理をする前は考えに考えた上で依頼したほうが良いでしょう。

頑張っても借金返済のめどが立たずに債務整理という手段をとるときは、近頃はPCはおろかスマホでも、債務整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に検索することができるようになっています。

とはいえ家庭や会社のパソコンで調べたりすると、各種履歴が残ることにより債務整理するような状態なのかと他者にばれるおそれがあります。

PCのプライベートブラウジング機能を使うか、スマホを使うほうが良いでしょう。

借金の滞納で裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、必要に応じて債務整理をすることはできます。

その際とられるのは主に訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げることもありますし、差し押さえの不安もなくなります。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は当然ながら訴訟は取り下げになるわけで、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。


ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理は何がメリットか一つ一つ異なります。

自己破産なら借金を一切返済する必要がなくなりゼロからスタートを切れます。

第二に民事再生は借金(ただし住宅ローンは除く)の元金が圧縮され、家といった資産は守ることができます。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、加えてその取引利率や借金の期間によっては過払い金の返還請求が可能です。

債務整理を任意整理で行うなら、交渉を受け入れない債権者もいます。

任意整理というのは司法による働きかけなしに当事者同士の交渉により合意された返済額や期間に基づいて返済をしていく方法です。

関与する司法がないという事は、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

よって、例えば返済歴がない等、著しく債権者に不利益となっている場合は折り合いがつかない事もあるでしょう。

借金を整理する術として債務整理があるわけですが、その中でも方法の選択肢があります。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、金額の大小ではなく支払いの継続が不可能という話なのか。

状況が人によりけりなのでちょうどいい方法を選ぶことになるでしょう。

一人で手続きをしてもかまいませんが、懸念事項が少なくないなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

トップへ戻る