横浜 任意整理 無料相談

横浜で任意整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

横浜で任意整理の無料相談ならこちらから。

 

横浜で任意整理の無料相談をしたいと思っているなら、専門家である弁護士に相談するのが一番の近道です。
匿名可能・住所入力不要で使える下のフォームを使えば、横浜近くで任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけられます。

 

任意整理を本気で考えているということは、借金の問題も深刻なはずです。
その状態で自己判断をして借金問題を先延ばしにしてしまうと、どんどん悪い状態になってしまう可能性が高いので、そうならない為にもまずは弁護士に無料相談をしてみましょう。
任意整理の無料相談ができる弁護士事務所を探すならこちらから

 

 

 

横浜で任意整理の無料相談をしたい」と思っているなら、上にあるフォームを使ってみて下さい。あなたの借金状況に最適な弁護士事務所を見つけることができます。

 

「家族や会社にバレたくない」という人も多いので、匿名可能・住所入力不要です。

 

横浜で任意整理をしたいと本気で考えているなら、まずは弁護士への無料相談から始めてみましょう。
明るい未来の為にまずは小さな一歩を。

 

 

債務整理コラム

実際に債務整理を行う人の中には、その原因がうつ病だという事例が多いようです。

仕事ができずに返済費用が工面できなかったといったケースや、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ多重債務者になっていたということは、なかなか言い辛いことですから、一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。

このような問題から元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。

支払い日までに、債務の返済金が工面できなくなってくると、実際に債務整理を行うことを考える人も珍しくありません。

踏み倒すつもりはないけれど、結果的に延滞になってしまう人は多いものです。

しかるべきところに相談し、支払の計画を立てることができなければ、債務整理を行う手続きに入ります。

債権者による取り立て行為もどんどん厳しくなっていることでしょうし、本人も辛い気持ちになることは間違いないでしょう。

ですから、追い詰められる前に行動するようにしてください。

複数の方法が債務整理にはありますが、個人再生や自己破産で借金を処分したのなら、その事実と氏名と住所が官報に公告されるでしょう。

官報は国の発行している新聞のようなもののことで、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、または、個人再生のケースでは債務整理中に三度、官報に掲載されます。

この期間は約1ヶ月ですが、そもそも官報の存在は一般的に知られておらず、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。

なお、任意整理をした人は裁判所を通していないので、官報は関係ありません。


家や車などのローンを完済する前に自己破産の手続きをせざるをえない状況になると、返済途中のローンは解約となり、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売ることになります。

ただ、債務整理といっても自己破産以外はそういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

また、これらを売却して返済に充てることはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときは本来は返金請求できるはずですが、特定調停ではそれを返金してもらえるということはなく、単純に借金がなくなるだけです。

計算して、過払い金がそれなりにあるというのであれば、相殺目的の特定調停などはせず、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

混同している人も多いので説明しますと、弁護士以外に、司法書士でも債務整理は可能です。

とはいうものの、原則140万円以下の債務に限るという制限があるため、もし交渉を始めようという時にそこまでの遅延利息込みの金額が140万円以上になると、認定司法書士では手続きに携わることはできません。

計算さえしていればこのようなことは防げますから、どうしても司法書士に依頼するのであれば、債務計算は欠かせませんし、金額によっては時間も気にしなければいけません。


一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには方法がひとつではなく複数あります。

元金は払えるので延滞損害金や利息のカットだけを希望するのか、そうではなく元金を減らしてほしいのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

どんな状況なのかによって方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

自力で手続きしようと思えばできますが、気がかりな事が多い場合は専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になりますよ。

借金に関して手続きの相談をしたいと思ったら、行先は経験豊富な弁護士、もしくは、司法書士が籍を置いている法律事務所になります。

債務整理の依頼は弁護士も司法書士も引き受けることができるものの、任意整理や過払い金請求を行うには、司法書士だと合計額が140万円より多いと請け負うことができないという縛りがあります。

まず間違いなく140万円を割るということならいずれでもかまいませんが、超えるかもしれない時は手堅く弁護士に受けてもらいましょう。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。

任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息を付けない返済額の取り決めをして、月々の返済をしていくもので、一般に借りている元金を減らすことはできません。

その一方、民事再生の場合は返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金が減り、残分の返済が始まります。

トップへ戻る